top of page

ニュース

「Matured by Onkyo」新商品発売のお知らせ(三芳菊酒造)

2023-11-01

当社は、音響機器ビジネスにおいて長年培ってきた音に関する技術やノウハウを異業種に展開し、新しいビジネスを創造することを目指して協業を進めております。その中で進めている、醸造酒や食品への音楽加振による熟成を目的とした、音楽食品ビジネスについて、「Matured by Onkyo」を掲げた商品拡大にむけ、今回、三芳菊酒造株式会社(所在地:徳島県三好市、代表者:馬宮 亮一郎、以下「三芳菊酒造」といいます。)と共に当社の加振技術を用いた音楽振動熟成の日本酒を開発し、新商品として2023年11月3日から販売されることになりましたのでお知らせ致します。この商品には、当社技術の証である「Matured by Onkyo」が付されています。

また、当社は、この商品をグランフロント大阪 うめきた広場で2023年11月3日(金・祝)から5日(日)まで開催される旅サラダEXPOにて販売する予定です。旅サラダEXPOにて、初お目見えとなりますので、ぜひお買い求めください。


■「旅サラダEXPO」イベント概要

・日程 2023年11月3日(金・祝)~5日(日) 10:00~17:00

・会場 グランフロント大阪 うめきた広場

・公式サイト https://www.asahi.co.jp/tsaladexpo/


【新商品概要】

三芳菊 加振酒 ワイルドサイドを歩け 720ml 180ml

※画像は、720mlです。

・純米吟醸

・徳島県産山田錦100%

・精米歩合60%

・アルコール度数 15度


◆Matured by Onkyoについて

当社ルーツの1946年創業以来、当社は音を扱う専門メーカーとして測定器だけの評価に頼らず、感覚量を技術に落とし込むといったオーディオ設計を行ってまいりました。

“物理的な正しさで再生純度を高め、音楽表現力を引き出すオーディオ設計を食品に応用し、音楽がもつ自然の力を使って素材のポテンシャルを最大限に引き出す”をテーマに音楽振動が酵母に与える影響について東京農業大学とともに研究解明を進めております。

それぞれの環境に合わせた最適な音楽加振と味への追求を「Matured by Onkyo」として掲げ、今後多くの分野において付加価値のある提案を行ってまいります。


【関連リンク】

◆当社音楽食品事業ご紹介ウェブサイト 

https://onkyo.net/matured/


◆東京農業大学との共同研究について

加振器による振動および音を利用した発酵メカニズムについては、2020年7月1日付「加振器による振動および音を利用した発酵技術の開発について~東京農業大学との「食」に関する共同研究を開始~」にて発表しておりますとおり、東京農業大学 (東京都世田谷区、学長 江口文陽) との間で共同研究に関する契約締結を行い、発酵技術の共同研究を実施しております。

東京農業大学 応用生物科学部 醸造科学科 徳田宏晴教授との間で、加振器を使用した発酵時の酵母の成分・機能の変化などの研究を行っております。様々な条件下で効果的な加振器の設置方法および加振の仕方、また音の周波数帯域の違いによって、菌体増殖・香気成分・各種有機酸などに与える影響を解明してまいります。

東京農業大学 応用生物科学部 醸造科学科  徳田宏晴教授

紹介ページ :http://dbs.nodai.ac.jp/html/397_ja.html

東京農業大学 https://www.nodai.ac.jp/

当社は、Onkyo ブランドのオーディオ製品やスピーカーの技術を支えてきた研究開発部門とマーケティング部門を新設分割し、これまでのオーディオ技術、ノウハウを新分野に展開しようと設立した会社です。当社は、「楽しむ音」から「役立つ音」へとのスローガンのもと、老舗オーディオメーカーとして長年培った「音」の技術を、食品・医療などの新たな分野へ昇華させる取り組みを全社一丸となって行っています。当社は、今後も、このスローガンのもと、新たな取り組みを行ってまいりますので、当社事業の今後の展開に、ご期待下さい。



映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』ボイス搭載ワイヤレスイヤホンを期間限定で受注販売
~ 「WIRELESS EARPHONES/CP-TWS01C GEGEGE」 ~

2024-07-18

アニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」
シチズン時計のファッションウォッチブランド「INDEPENDENT」とのコラボレーションモデル
期間限定受注販売のお知らせ

2024-07-11

「Matured by Onkyo」新商品発売のお知らせ(佐々木酒造)

2024-07-10

最新記事

bottom of page