top of page

ニュース

住友ゴム工業株式会社のタイヤの静粛性に関する解析支援のお知らせ

2024-04-08

当社は、住友ゴム工業株式会社(所在地:兵庫県神戸市、代表取締役社長:山本 悟、以下「住友ゴム」といいます。)の業務支援を行いましたことを本日2024年4月8日お知らせ致します。

 

住友ゴムは、DUNLOP(ダンロップ)・FALKEN(ファルケン)をメインブランドに、乗用車用、トラック・バス用、産業車両用など、暮らしや社会に関わるさまざまなシーンで活躍するタイヤを展開しています。タイヤにおける課題の一つとして、路面とタイヤとの間で発生する騒音があげられます。住友ゴムは、長年にわたり、この課題を解決するためにさまざまな取り組みを行っています。特に、近年、車両のEV化によって、エンジン騒音に隠れていたさまざまな騒音が顕在化したため、タイヤにもこれまで以上に静粛性の向上が求められています。住友ゴムは、騒音に対する取り組みの一環として、タイヤによる騒音の測定・解析を実施しています。

 

一方で、当社は、長年、Onkyoブランドのオーディオ製品・スピーカーについて音に関する研究開発を行うとともに、オーディオ製品・スピーカーの研究開発に伴って、音の解析も行って参りました。

このたび、当社は、当社が有する音の解析技術を活かし、住友ゴムが行っているタイヤによる騒音の解析支援を行いました。当社は、タイヤのモデルを作成し、BEM(Boundary Element Method:境界要素法)を用い、騒音の解析を支援しました。解析においては、タイヤの径・幅等のパラメータを種々変化させ、騒音の発生状況をシミュレーションしております。


今後、当社は、Onkyoブランド製品についての研究開発を行っていく中で培った音の解析技術を進歩させ、音のソリューションとして第三者に提供して参ります。

 

当社は、Onkyo ブランドのオーディオ製品やスピーカーの技術を支えてきた研究開発部門とマーケティング部門を新設分割し、これまでのオーディオ技術、ノウハウ、ブランドを新分野に展開させるために設立した会社です。当社は、「音で世界をかえる」のスローガンのもと、老舗オーディオメーカーとして長年培った「音」の技術を、医療・食品・産業・インフラの分野に展開して研究開発を進めるとともに、Onkyoブランドの認知度を上げるマーケティングを全社一丸となって行っています。当社事業の今後の展開に、ご期待下さい。



プレスリリース
.pdf
ダウンロード:PDF • 442KB

スタンドマイヒーローズ『九条家』の録り下ろしキャラクターボイスを搭載した
コラボレーションイヤホンが登場!5月30日(木)から受注販売開始

2024-05-29

「Matured by Onkyo」新商品発売のお知らせ(山野酒造)

2024-05-24

「Matured by Onkyo」新商品発売のお知らせ(小山醸造)

2024-05-23

最新記事

bottom of page